■ルームシェア!?

マンションや一戸建てなど複数の部屋がある住居に、家族、恋人ではない他人と一緒に住むことをルームシェアといいます。

このシェアとは、もともと英語のshare(共有する)が語源となっていて、シェアするものによってネーミングが変わる場合もあるのです。

例えば、シェアする建物が家の場合はハウスシェアでしたり、アパートの場合はアパートメントシェアと呼ばれていて、ルームシェアを行っている家をシェアードハウスと表現することもあります。

■何をシェアするの?

一般的には、玄関、リビング、キッチン、お風呂、トイレに関してはシェアすることが多く、それ以外のベットルームに関しては自分だけのスペースになるのです。

こちらは、鍵をかけてプライバシーを守ることも多くなります。

また、ルームシェアでは炊事・洗濯といった家事については役割分担を決めて行っていくのです。

こういった決まりごとは、しっかり決めないとトラブルの元になる可能性もあるので最初にルールを決定することが大事となります。

さらに、家具や家電などについてもそれぞれが持ち込んでシェアする場合が多いです。

■ルームシェアをするには

ルームシェアというのは、メディアの影響などから徐々に浸透していって現在ではルームシェア専用の部屋を貸し出す不動産屋も目立ちます。

ですから、ルームシェアする人を探すというよりもルームシェアを行っている部屋を探すという方が今は主流なのです。

ちなみに、ルームシェアを利用する人は学生はもちろんサラリーマンであったりOLであったりと普通の会社員が多く男女の割合も半々位で、一人では家賃を払えない高級マンションに住めるという理由でルームシェアを行っているというケースも多くあります。

他にも、節約のためや寂しさを感じないためや憧れからなどの意見もあるのです。

~ルームシェアに向いている人~

・伝えるべきことを我慢せずに伝えることが出来る
・兄弟、姉妹がいて共同生活には慣れている
・細かいことをあまり気にしない
・自分のことはしっかりと自分で出来る
・相手のことを受け入れる寛容さがある

~ルームシェアに向いていない人~

・社交性があまりなく内向的
・神経質で細かいことが気になる
・金銭感覚がズレている
・他人に厳しい
・片付けられない

■ルームシェアで気をつける点

ある程度ルールを決めることが大事で、家事の分担、光熱費に関してや共有するものやそうでないものなどは紙に書いて張り出しておくのもいいでしょう。

ここで、あまりにも細かい取り決めを行うと快適に暮らせなくなってしまうのでそこは注意が必要です。

尚、親しき仲にも礼儀ありはルームシェアでは最も大切なことなので、思いやりの気持ちを持ち続けることは大切となります。

人間関係が大切になってくるので、苦手は方にはストレスになる恐れもあります。
基本ひとりで居ることが好きな方には、ひとり暮らしの方が向いているかと思いますので、よく検討してから決めるとよいかと思います。

関連サイト
ひとり暮らしのはじめ方